自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットは、すべての借金が免責され、借金返済の義務がなくなることです。債務の支払い義務が消失するので、借金返済にあてていたお金を生活費にまわすことができます。また、自己破産の手続きが開始されてからは、債務者は給料を差し押さえるなどの強制執行ができなくなります。これから新しく人生をやり直したいというときに、自己破産の利用をおすすめします。

 

デメリットとしては、自己破産をしてから借入が5年~10年ほどできなくなり、ブラックリストにも載ることです。また、自己破産をすると、自分の持っている財産を手放すことになります。手放す財産は、裁判所で基準を定められるので、その基準を超えない財産は手元に残しておけるようになっています。

 

任意整理を利用して、金融業者と交渉をしても、和解できないことはあります。一度も借金返済に応じていない場合や、担保付きの借入をしている場合には、どうしても和解は難しくなってしまいます。最近は過払い金を返還してほしいという請求が急増していることもあり、一部の金融業者が任意整理での交渉に応じてくれない状況になっています。

 

金融業者によっては経営状態が悪くなってしまったケースもあるので、利息をカットした分割払いによる返済をしたいという提案も受け入れてもらえないことも。ですが、大半は利息制限法を用いて引き直し計算をして、利息をカットした分割返済で和解することができます。

 

家族や親戚が保証人になっていない限り、影響がでることはありません。債務整理を依頼した本人は、信用情報に任意整理、個人民事再生、自己破産のどれかを行ったという情報が登録されるようになっていますが、家族の信用情報には影響がでないので安心してください。ですが、保証人をたてて借入をして、債務整理を行うと、保証人の方に借金返済の請求が行くので気をつけましょう。

 

そういったときには、保証人に事情を説明してください。トラブルの元になります。ブラックリストは、実際に存在するものではありません。

 

信用情報機関に借金返済ができなかったという事故情報が記載されることを、"ブラックリストに載る"と表現します。このブラックリストに載ってしまう条件としては、債務整理を行って任意整理、個人民事再生を利用して借金返済の減額をした場合、または自己破産によって借金返済の債務を遂行できなかった場合(など)。ブラックリストに載ってしまうと、約7年間は信用情報機関に登録されることになるので、借入が難しくなってしまいます。

 

https://niniseiri-gengaku.kutibue.com/