マンションの査定って色々と複雑なんですね

昨年、投資目的で購入したマンションを売却しました。不動産バブルだと耳にしたからです。それでいくつかの会社に査定に来てもらったわけですが、なかなか思うように評価をしてくれません。室内の状態も良く角部屋なのにも関わらず、購入時とほぼ変わらないのです。もしかしてバブルとは嘘なのか、そう感じました。

しかし色々と話を聞いている間に、周辺の地区の開発具合が影響していると知りました。実は私が所有するマンションの近くは再開発が進んでおり、数年後にはより高いビルが建てられる予定になっていました。そうすると当然マンションから見る今の景色も変わるため、将来性がないと言われたのです。

他にも購入時より道路開発が進んだことで、交通量が増えたこともマイナスでした。特に朝や夕方は車の走行音がよく聞こえ、気になる人には気になります。購入前にはこうした周辺事情で、大幅に査定が変わるとは思ってもいませんでした。自身の先見の明のなさには、本当に呆れます。

結局今より長引かせても余計に価値が落ちるだろうとのことで、売却することにしました。損自体はしていないので構わないですが、残念な気持ちです。次に投資に挑戦するときは、こういったことにも注目して査定に強い物件を購入したいです。